リフォームとフロアコーティングのための総合情報サイト

>

リフォームと同じく失敗のないフロアコーティングを

滑りすぎず眩しすぎない床にしよう

築年数は古くても新しくても、いつまでも新鮮でありたい我が家。
その新鮮さを保つためにはもちろんリフォームも大事ですが、我が家を訪れたお客さんがいちばん最初に目にする物は床ではないでしょうか。

この床こそ我が家を新鮮に保つ重要要素と言えるならば、フロアコーティングが欠かせません。
近年、リフォームに負けず劣らず注目を浴びるフロアコーティング。

天然素材の床は、毎日人が歩けば摩耗されて、少しずつ劣化してゆきます。
古い一戸建ての家となれば尚更その傾向が強いでしょう。

さらに素材が劣化して来た事で、そのささくれた部分で人やペットが足を傷付けてしまう事も考えられます。

専門の業者さんに依頼するも良し、また自身で行うのも良し、天然素材の床が光沢を放つほどピカピカなフロアコーティングをしましょう。

後から「失敗した」という事がないように

ピカピカと光沢を放つフロアコーティングを行うには、専門の業者さんに依頼するか、あるいは住む人自身でも行う事が出来ますが、業者さんに依頼するのであれば、次の点を注意するといいでしょう。

まず行われるコーティング作業は熱や水や摩耗、さらには薬液に対して強いのか、これらに弱くすぐ損傷してしまうようでは何もなりません。
また傷や刺激に強いか否か、その耐用年数も確認しておきましょう。

そして業者さんがシックハウス症候群や安全性基準、耐摩耗性基準について深く理解し、公的機関による資格を有しているか、そして何より、当日作業に当たる人が、アルバイトや新人などではなく経験豊かなベテランの職人であるかも確認するべきです。

我が家の新鮮さがすぐに失われる事なく、より長期間保たれる事が重要です。